ライフスタイル

40歳からの介護準備ノート: 親も子も、笑えるうちに心構えとすり合わせ

著者 中山登貴
価格 356円
ページ数 56ページ
容量 1571 KB
出版 わくらく出版

本のあらすじ

大切な両親・大切なパートナーに「介護」が必要になったら、あなたは対応できますか? 介護現場で「いきなりの介護」に直面し、途方にくれる方を大勢見てきた著者がつづる、「40歳からの介護準備ノート」。親御さんやパートナーが元気なうちに希望を聞いたり、情報収集など、介護が始まる前に準備できたら介護はもっとラクになる! そんな思いがつまった一冊です。高齢者の生活・特徴を介護のプロがまとめた章、介護体験者へのインタビュー、介護情報サイト一覧など充実の内容で、「介護」を明るく前向きにとらえられます。現役ケアマネージャーが使っている「ヒアリングシート」、ベテラン介護士が考案した「未来を考えるシート」付き。

目次

第一章 親の生活、知ってますか?
第二章 高齢者の生活・特性を知ろう!
第三章 現在の課題を知り、生活プランを考えよう
第4章 介護の体験談から学ぼう
第5章 「小規模多機能型居宅介護」という介護保険サービス
第6章 これからの生活プランを考えよう
第7章 介護が必要になったときお役立ち! 生活情報サイト
Q&A

著者について

特定非営利活動法人 和嬉会(わきあい)愛(あい) 理事長
小規模多機能型居宅介護多機能 ファボール鴇 介護支援専門員

1960年 大阪府豊中市生まれ
大阪で旅行業に携わり、平成元年、名張市に転居。その後、老人保健施設で介護職に就く。
2000年 介護セミナーの開催や外出支援、助け合い事業の任意団体 和嬉会愛設立。
2005年 特定非営利活動法人和嬉会愛を設立し、介護保険デイサービス事業始める。

高齢になっても、障害があっても、自宅でその人らしい暮らし方ができるよう支援団体を設立し、介護職のレベルアップセミナーを開催してきた。助け合い事業を通じ、小規模デイサービスのニーズから、法人化。地域社会で暮らすための行き届いた様々なサービスを提供するために、2011年小規模デイから小規模多機能型居宅介護ファボール鴇に変更。地域の中でその人らしく生きるためのネットワークづくりを心がけ、地域活動にも参加している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新着電子書籍

ニュース一覧

資料請求・お問い合わせ

TEL. 06-6264-5030

平日 9 : 00 ~ 18 : 00 contact
電子書籍を出版したい方へ
わくらくWebサイトへ